忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.10
2017.09  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >> 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

通常国会、16日閉幕=本格論戦なく参院選突入
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201006/2010061500794&rel=j9
第174通常国会は150日間の会期を終え、16日に閉幕する。菅政権の誕生に伴い、野党が要求した衆参予算委員会での本格論戦は行われないまま、与野党は7月11日投開票の参院選に突入する。
 国会は15日、参院で菅直人首相の所信表明演説に対する各党代表質問を実施。16日は閉会中審査の手続きなど会期末処理を行い、閉会する。
 野党は、衆参両院で3日ずつの予算委開催を求めたが、政府・与党は拒否。また、民主党は15日、野党が申し入れていた与野党党首会談にも応じないことを決めた。
 野党側は、政治資金を不適切に支出していた荒井聡国家戦略担当相の不信任決議案を16日に提出することを検討。
 
菅内閣不信任決議案についても提出を視野に入れている。 

大島理森幹事長記者会見(役員会・役員連絡会後)
http://www.jimin.jp/jimin/kanjicyo/2206/220615.html
通常国会について、民主党は問題が山積にしているにもかかわらず会期の延長を行わない方針ですが、幹事長の受け止めをお聞かせください。

一言で言うと、逃げるな民主党。
約束を破る民主党。
疑惑を隠す民主党。
そのために数をもって国会の本質である議論をする、その議論を封殺してしまうというこのやり方に、私は日本の民主主義の危機である。
いい加減にしなさい。
このことを強く抗議すると同時に、加えて結局、民主党の枝野幹事長は「私が国会の日程を決める」と発言したのですが、どうやら輿石民主党参院会長がすべてを決めているということが、さまざまな情報から確信を持って言えると思います。
かつては小沢一郎氏が後ろに控えて物事を決め、今度は民主党の参院会長である輿石東氏が物事を決めるという民主党・菅政権のあり方に、必ずやこういう問題が明らかになることによって、まったく変わっていない民主党の姿に、また国民は落胆するのだと思います。
先ほど、いろいろな選択肢と発言されましたが、これは内閣不信任決議案、参院における首相問責決議案を念頭に置いていると考えてよろしいですか。
さまざまな方法を申し上げましたが、今、言われたこともひとつの手段であるかもしれません。
そしてそれ以外にもあるのかもしれません。
今日1日の動きを見て、対応を考えていきたいと思っています。

わが党相手に議論しても無駄なんだなぁ・・・
鳩山前総理に内閣不信任案を出さないことで一部保守から批判が上ったりするのだから(批判としては筋違いだと思う)
パフォーマンスと言われてもやるべきかな?

現状の政権運営が異常で、それを信任するかどうかを見せないと・・
参院の問責も合わせてやるしかないかねぇ・・・?

・・・・と考えていたらwwwwww

通常国会、16日閉幕=自民、内閣不信任案提出へ
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010061500831
 野党は、会期を延長して衆参両院での予算委開催を求めたが、政府・与党は拒否。
また、民主党は15日、野党が申し入れていた与野党党首会談にも応じないことを決めた。 

 与党の国会運営に反発する自民党は16日に内閣不信任決議案を提出することを決定。参院でも自民、公明両党が首相問責決議案や、「強行的な国会運営が目立った」として江田五月議長不信任決議案を提出する方針で、他の野党に賛同を呼び掛けている。

 
憲政史上最短の内閣不信任案になるかしら?
組閣して8日で不信任案だけどw
メディアの皆さんは無視するつもりかな?
元から期待も信頼もできませんが・・・


首相「企業献金、全面禁止を」=在任中の靖国参拝否定-参院代表質問
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010061500555&j1
 菅直人首相は15日午後、参院本会議での各党代表質問で、企業・団体献金の扱いについて「全面禁止することによって不祥事の再発を防止すべきだ。速やかに(与野党の)協議機関を設置し、建設的な議論をしてもらいたい」と述べ、政治資金規正法改正に向けた協議に応じるよう野党に呼び掛けた。自民党の西田昌司氏への答弁。
 企業・団体献金に関しては、民主党が鳩山由紀夫前首相や小沢一郎前幹事長の政治資金問題を受け、全面禁止するための規正法の改正を野党に提案。しかし、国会での与野党対立の影響で、改正案の提出は先送りされた。
 民主党は17日に発表する参院選マニフェスト(政権公約)に全面禁止を盛り込む方針だ。

国会延長すれば提出できるでしょw
そもそもクルッポー様が普天間問題で失策をした影響については???
企業団体献金に関しては、前回衆院選でもマニフェストに入れてたよねぇw

衆院選のマニフェストテキスト版
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/txt/manifesto2009.txt

6.企業団体献金・世襲を禁止する
【政策目的】
○政治不信を解消する。
○多様な人材が政治家になれる環境を整備する。
【具体策】
○政治資金規正法を改正し、その3年後から企業団体の献金及びパーティー券購入を禁止する。
○当面の措置として、国や自治体と1件1億円以上の契約関係にある企業等の政治献金・パーティー券購入を禁止する。
○個人献金を普及促進するための税制改革を実施する。
○現職の国会議員の配偶者及び三親等以内の親族が、同一選挙区から連続して立候補することは、民主党のルールとして認めない。
○政治資金を取り扱う団体を親族に引き継ぐことは、法律で禁止する。
○誹謗中傷の抑制策、「なりすまし」への罰則などを講じつつ、インターネット選挙活動を解禁する。 


これはヒドイ______

一方、自民党の佐藤正久氏が靖国神社参拝について見解をただしたのに対し、首相は「在任中に参拝するつもりはない」と明言。「これまで個人的には何度も参拝したことがある」とした上で、「靖国神社にはA級戦犯が合祀(ごうし)されている。首相や閣僚の公式参拝は問題がある」と指摘した。
 
永住外国人への地方参政権付与については「(実現を目指す民主党の)姿勢に変更はない。しかし、この問題はさまざまな意見があり、各党でしっかり議論してもらうことが必要だ」と語り、慎重に対応する考えを示した。

外国人参政権やるやる詐欺だとは思われるけど・・・
外国人参政権をめぐる流れ-4
http://a9bqmeygvg.blog.shinobi.jp/Entry/1440/
外国人参政権 「反対」が「賛成」を逆転、都道府県議会で危機感増大 
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100321/plc1003210054000-n1.htm
過半数の都道府県が反対の意見書採択のしてるけどね・・・??
地方主権もガン無視かw

そもそも憲法改正しないと馬太目 ぽ..._〆(゚▽゚*)
外国人の選挙権導入は憲法に違反する
http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/opinion/20100215.htm
最初の外国人参政権容認派が駄目出ししてるw

「はやぶさ」人気で宇宙予算再検討 仕分け軌道修正
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100615/stt1006152312009-n1.htm
7年間の宇宙の旅を経て13日に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」について、蓮舫行政刷新担当相は15日の記者会見で、はやぶさ後継機を含む宇宙開発予算の削減を求めた昨年11月の事業仕分け判定を再検討する考えを示した。あまりの“はやぶさ人気”に配慮した形だが、蓮舫行政刷新相は仕分け人として知られる。
識者からは「成果だけをみて見直しとは…」と、科学技術全般への姿勢を問う声が上がっている。

本当に政治パフォーマンスのみ。
仕分け作業の本質が改めてみえますねぇ・・・orz

<国会>16日閉会 政府提出法案成立率、戦後最低に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000092-mai-pol
第174通常国会は16日、150日間の会期を終え閉会する。鳩山由紀夫前首相の退陣による中断に加え、早期の参院選日程を組みたい政府・民主党の意向で会期を延長しないため、政府提出法案は63件(新規)中35件の成立にとどまる。成立率は55.6%で、大学紛争などに揺れた68年12月召集の通常国会(佐藤栄作内閣、55.8%)を抜き、通常国会としては戦後最低となる。

たしかに衆議院の議案をみると酷いものです。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/kaiji174.htm
審議中が多量に・・・w

しかし決議の一覧が不信任案と辞職勧告が多量にあるのも凄いなぁ・・・
本日此れに更に追加されるとは・・


174ketugi.JPG






SNS-FreeJapan

誰でもできる署名請願!!
国旗・国歌法の改正を求める請願
http://sns-freejapan.jp/date/seigan-hinomaru.pdf
新聞の「押し紙」についての実態解明を求める請願
http://sns-freejapan.jp/date/seigan-oshigami.pdf
地域防災を担う住民の確保とその公的支援に関する請願
http://sns-freejapan.jp/date/seigan-syoubou.pdf
「子ども手当」の廃止を求める請願
http://sns-freejapan.jp/date/seigan-kodomoteate.pdf
ご協力くださいませ!!

拡散推奨~外国人参政権付与反対の陳情 
こちらが誰でもできる地方自治体への陳情提出です。

日本ユ偽フ様の実態です

気軽にポチポチとねw

(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ

人気ブログランキングへ我がクリックに一片の悔いなし・・∩(゚Д゚)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
自分は鳩以下と見てます。
鳩は何もしなかったが管は無駄に無意味に動きそうですからねぇw
無能が頑張ると碌な事になりません。

民主に議論は期待しない方が良いですよ~。
議論出来ないんです。論理的思考が出来ないんです。
通過法案のほとんどで強行採決というのがその証拠です。

ちなみに事業仕分けは間違いなく憲法違反です。
彼らに法の順守という概念は無いようです。
後々ブーメランになりそうですねぇw
通りすがりのクリエイター 2010/06/16(Wed)10:02:22 編集
Re:無題
>自分は鳩以下と見てます。
>鳩は何もしなかったが管は無駄に無意味に動きそうですからねぇw
>無能が頑張ると碌な事になりません。

鳩山政権では周りが無駄に頑張ってましたからねぇww
閣内分裂とまで言われるほど・・


>ちなみに事業仕分けは間違いなく憲法違反です。
>彼らに法の順守という概念は無いようです。
>後々ブーメランになりそうですねぇw

法的根拠がないという話ですねw
事業仕分け自体は一応あるらしいです。
しかし、事業仕分けの執行には法的根拠なしみたいですね。
以下は民主党の支部長支部長のレポートw

行政の事業仕分けの意義と課題
http://www.kato-toshiyuki.com/policy/report/post-19.html
(2)作業結果についての実効性の問題

事業仕分けについては、平成18年に施行された「簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律」の第2条にその法的根拠が置かれています。
第2条は、「政府及び地方公共団体の事務及び事業の透明性の確保を図り、その必要性の有無及び実施主体の在り方について事務及び事業の内容及び性質の応じた分類、整理等の仕分けを踏まえた検討を行った上で、国民生活の安全に配慮しつつ、政府又は地方公共団体が実施する必要性の減少した事務及び事業を民間にゆだねて民間活動の領域を拡大すること並びに行政機構の整理及び合理化その他の措置を講ずることにより行政に要する経費を抑制して国民負担の上昇を抑えることを旨として、行わなければならない。」と規定していますが、しかし、この事業仕分けの手続きや執行に関しては法的な規定はありません。
【2010/06/16 10:56】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom