忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.11
2017.10  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

日経平均   10,123.58  -212.11(-2.05%)

銘柄(コード)
本決算/中間決算
保有株数
(注文中等)
現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
昭電線HD(5805)
3月末決算/9月末決算
26,000株
 
81円
95円
2,106,000円
2,470,000円
-364,000
-14.7
日立(6501)
3月末決算/9月末決算
25,000株
 
297円
328円
7,425,000円
8,200,000円
-775,000
-9.5
ゼンショー(7550)
3月末決算/9月末決算
100株
 
664円
667円
66,400円
66,700円
-300
-0.4
KABU.COM(8703)
3月末決算/9月末決算
53株
 
89,800円
113,217円
4,759,400円
6,000,501円
-1,241,101
-20.7

評価額合計 14,356,800円
 
評価損益合計 -2,380,401
-14.2


一部に熱狂的なファンのいる暇つぶし投信です。
KABU.COMがなんか急上昇しましたw

株式の分割、単元株制度の採用及び定款の一部変更に関するお知らせ
http://kabu.com/company/pressrelease/2010/20100218_2.asp

平成22年3月期の期末配当(普通配当及び創業10周年記念配当) 予想に関するお知らせ
http://kabu.com/company/pressrelease/2010/20100218.asp
カブドットコム証券株式会社(以下「当社」)は、平成22年2月18日開催の取締役会におきまして、平成22年3月期の期末配当(普通配当及び創業10周年記念配当)予想額を下記のとおり決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.記念配当の実施
当社は、平成21年11月に創業10周年を迎えました。これもひとえに株主の皆様をはじめ、関係各位のご支援、ご協力の賜物と心から感謝申し上げます。
つきましては、当社は、株主の皆様のご支援、ご協力に感謝の意を表するため、平成22年3月期の期末配当において、普通配当に加えて1株当たり700円の記念配当を実施する方針を決定いたしました。
なお、当社では、定款の定めにより、剰余金の配当については当社取締役会の決議により決定されますが、平成22年3月期の期末配当(普通配当及び創業10周年記念配当)額については、平成22年5月開催予定の当社取締役会の決議により正式に決定される予定です。

配当2000円か・・単純に考えて2%ですからまあ、買うでしょうねw
流動性確保の株式分割も結構好感触です。

米公定歩合引き上げは日本株に好材料、内需不振で円安期待
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13979220100219
 
[東京 19日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)の公定歩合引き上げについて、市場では日本株にポジティブと受け止めている。今年夏以降に米「出口戦略」を受けたドル高/円安で主力輸出株が相場をけん引するとの期待感が出ているためだ。

 日本株は年度末に向け、国内勢の持ち合い解消売りなどで上値の重い展開が予想されるが、年末にはリーマン・ショック前の日経平均株価1万2000円回復が現実的になってきたとの指摘もある。

 FRBは、金融市場の状況改善に向け、19日から公定歩合を現行の0.50%から0.7 5%に引き上げると発表した。バーナンキ議長は10日の米議会下院金融委員会での証言原稿で、これまで導入した数々の緊急融資対策を危機前の通常の状態に戻し、ディスカウント・レートと、政策金利であるフェデラルファンド(FF)レートとの差について「若干拡大させる」ことをFRBは「近いうちに」検討する見込みとしていた。みずほ総研シニアエコノミストの武内浩二氏は「正常化の流れの1つであり驚きはない」と述べた。

 バークレイズキャピタル証券のチーフ外債ストラテジスト、高橋祥夫氏は、今後FRBの金融政策を考える上では、24、25日に予定されるバーナンキ議長の半期に1度の議会証言が最大の焦点と指摘。同社は、利上げを開始する前にマネーマーケットの機能をある程度まで回復させるために資金吸収を十分に行う必要があることや雇用情勢の底打ち時期などを考慮し、利上げの開始時は9月となる可能性が高いと予想する。
 
公定歩合引き上げを受けた東京市場は、ドル高/円安を背景にいったんは株買いに動いたが、全般的には様子見ムードとなり、前日終値付近でのもみあいが続いた。国内証券の株式トレーダーは「実際の金融引き締めでもないのに、過剰反応ではないか」と話していた。
また、邦銀系のトレーダーは「金利正常化という不透明要因が強まったほか、ユーロ安/ドル高/金利上昇、つまり悪い円安であって素直に喜べない」とし、戻り売りに傾いた。

悪い円安と良い円安ねぇ・・・?
企業業績が良くなればどっちでもいいのが本音でしょうにw
為替があてに成らないのは、此処等の理屈付けはいくらでも出来る所でしょうかw

デフレ脱却には金融政策も極めて重要=菅財務相
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13978820100219
 
[東京 19日 ロイター] 菅直人副総理兼財務・経済財政担当相は19日午後の衆院財務金融委員会で財政再建にはデフレ脱却が必要との認識を示したうえで、「デフレ脱却には金融政策も極めて重要」と述べた。岡田康裕委員(民主)の質問に答えた。

 今後の財政運営について菅財務相は「リーマンショック直後のこの時期に、どこまで財政引き締めという立場をとってよいのかどうか。足元の問題がある。この足元の問題と中長期的な問題をそれぞれ考えながら10年程度を展望した大きな意味での財政健全化の方向性を作っていかなければならない」と述べた。
 
昨年8月に政権交代しなければ問題ありませんでしたw
国民が阿呆だと思います・・orz


最高税率上げ検討=所得税改革で-菅財務相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000085-jij-pol
 
所得税の最高税率引き上げに対しては、鳩山由紀夫首相が共産党の志位和夫委員長との会談で前向きな考えを表明。菅財務相も同委員会で「現在の所得税では(所得の)再配分機能が低下している」との問題意識を示した。1986年には70%だった所得税の最高税率は段階的に引き下げられ、現在40%となっている。 

こんなアホな事言ってる財務大臣の時点でデフレ脱却は不可。

日航株最終売買、1円で取引成立 2762万株、誰がなぜ買う?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000569-san-bus_all

再建を信じてるのかな?その場合はどうなるんだっけ?



ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
SNS-FreeJapan


おつるの秘密日記(必見!!)
http://blogari.zaq.ne.jp/otsuru/

毎日新聞事件とは?

拡散推奨~外国人参政権付与反対の陳情
こちらが誰でもできる地方自治体への陳情提出です。

間寛平アースマラソンについて

うわさですよwクリックすると持ち株が上がる気(≧∇≦)ノ ハーイ♪

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom