忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.07
2017.06  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >> 2017.08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

流石に各社( ( ( ( ( (゚∀゚) ) ) ) ) ) デンパ過ぎて耐えられなかったらしいw
           ,.-‐───-、、,
        ,r'"´ , ;:, ;: ,:;, ;:, :,;:;:;:;;\
       /      ; .; .:.:; .; .; .;: ;;:::ヾ
       /         .; ;: ;:;: :; :; :;:;:;:;:゙,
     / ,,..__  ,, ...      .: .: .: .: ;; ;:;;;!
    l ,,,,_  -ーー─ - 、、 .: .:. :; ; :; ;:;|
    ,'     '"´ ̄  ̄ ``'''  . :.: :.::;::;:;;;;!
    j、、、,,  、,,、zニニ'''ー-,、       _,,, ィ⌒ヽ
   r'⌒ヾー.イYニ、ヽ、,,、、z=='''"´  .:;;< 7 〉
   {{`=ン}='リr゙ー'-`i|"´    .:.:.:.::::j_ソ/ /
    >‐ イ   ヾ_,,ノ    .:.:.:::::.:.:ーイソ
    i  il   ,,,.;;:;;:.: .、   .:.:.:::::::::/^Y´
     \ゞ=''iiiii!!!!!:; ;:`ヾ  .:.:.:.:./ .:.:::!
      V>---‐ ''"⌒ヾ!.:.:.:./ .:.:.:.:.:.| ̄`¨`ー-
      ゙,`二ニニ´  /.::/ .:.:.:.:.:.:.:./\
      ハ      ノ/ .:.:.:.:.:::::::/  \
     / >---‐''"´ .:.:.:.:.:::::::::::/    \
    /  /:.:.:.:.  .:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/      /\
 ,/   /.:.:.: . .:.:.:::::::::::::::::::::::::::/      /
     /.:.:.:...:.::::::::::::::::::::::::::::::::::/      / /
     /:.:.:...:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::/      / /

オマエがいうなw   マ○○マ・ガ○ジー
嘘ですw

朝日新聞
鳩山政権―演説の美辞に酔う暇なし

http://www.asahi.com/paper/editorial.html
首相の持論である「友愛」を、別の角度からかみ砕いたということなのだろう。
市民が互いに支え合う「新しい公共」の創出や、医療や介護を成長産業としていく「人間のための経済」づくりを訴えた。
 自民党政権時代の政策から価値観を変えようというわけだ。
 演説のスタイルも変えた。各省から集めた施策を列挙するだけの感が強かった形式をやめ、聞く方が気恥ずかしくなるほどの理想を語り続けた。
 理念を語り国民の共感を呼び起こそうとするのは、リーダーにとって大切なことだ。半世紀にして初の本格的な政権交代という歴史性を思い、新鮮さを重視した首相の狙いは理解できる。
 その裏に、具体論を語ろうにも語れない鳩山政権の苦しさがのぞいている。その事実を国民の多くが気づいている。だが演説には説明がない。そこに違和感を禁じえないのだ。
 「国民との契約」と呼ぶマニフェストの何を実現し何をあきらめたのか。その理由は何か。これからどうするのか。演説で国民が最も聞きたかったのはこの点ではなかったか。いわば契約の履行状況報告であり、展望だが、ほとんど素通りしてしまった。
 国民はマニフェストに期待して民主党政権を選んだが、そのすべてに賛成していたわけでもない。
 政治主導の大変化から日米問題、「政治とカネ」の大騒動まで、新政権の4カ月をどう概括するのか。それを堂々と語らなければ、何が生きている「国民との契約」なのか、わからなくなる。
 首相は自らの政治資金の問題を陳謝したが、現職議員が逮捕されているのに、小沢一郎民主党幹事長の問題には一言も触れなかった。残念だ。
 マニフェストにせよ、資金の問題にせよ、逃げていては、政権を率いる首相の覚悟に疑問を覚えざるをえない。
 各論は国会審議で明らかにしていくしかない。首相や与党には誠実に審議に応じるよう求める。
 それなしには、せっかくの理念もかすむ。首相も民主党も、演説の美辞に酔っている暇はない。

逃げるしかないのでしょうね・・
概括ってなんだろう??
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?stype=1&dtype=0&dname=0ss&p=%B3%B5%B3%E7
[1] 物事の内容を大ざっぱにまとめること。要約。

朝日新聞としては総括でないといけないのではw
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%B7%8F%E6%8B%AC&stype=1&dtype=0
1 個々のものを一つにまとめること。全体をとりまとめて締めくくること。「各人の意見を―する」
2 労働運動や政治運動で、それまでの活動の内容・成果などを評価・反省すること。「春闘を―する」

毎日新聞
社説:施政方針演説 理念実現の段取り示せ

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100130k0000m070117000c.html
願わくは、政治とカネの陰で低調な政策論戦を一気に活性化する節目にしてほしかった。
 
一言で言えば理念先行で実現力には「?」のつく演説だった。
 鳩山由紀夫首相定番の「友愛」論は影を潜めたものの、「いのち」をキーワードに、10年度予算案を「いのちを守る予算」と命名し、雇用問題で「働くいのち」を、紛争・災害対策で「世界のいのち」を、環境問題で「地球のいのち」を守ろうと、演説の中で「いのち」を24回も連発した。

 昨年暮れのインド訪問時に出合ったマハトマ・ガンジーの「七つの社会的大罪」の教えも引用、「理念なき政治」「労働なき富」「道徳なき商業」などが「今の日本と世界が抱える諸問題を鋭く言い当てている」と指摘。
 「経済のしもべとして人間が存在するのではなく人間の幸福を実現する経済をつくり上げるのがこの内閣の使命だ」とうたいあげた。
 全体が総花的で、政策の深掘りや選択と集中が見受けられなかったが、特に気になったのは、この国会でこれだけ騒ぎになっている政治とカネについての言及が、極めておざなりだったことだ。
 自らの問題をわび、企業団体献金について議論を行うと語っただけで、小沢一郎民主党幹事長の資金問題には一切触れず、政権としてこの問題とどう格闘するか、確たるメッセージが伝わってこなかった。それどころか、「労働なき富」を大罪としてどのように制御していくのか、と説くあたりは、母親からの巨額資金贈与問題をどう認識しているのか、疑問を感じさせる点もあった。
 政権の命そのものを脅かしかねない。細心の注意が必要だ。

疑問以外何も思い浮かばなかったw
というより賛同する部分が自民政権時代の焼き直し部分しかなかったw


産経新聞
首相の施政方針演説 過剰演出? 「理念」だけで「現実」語らず

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100130/plc1001300029000-n1.htm
 施政方針演説の冒頭、クライマックスはいきなりやってきた。
 「いのちを、守りたいいのちを守りたいと、願うのです生まれてくるいのち、そして、育ちゆくいのちを守りたい」
 あまりに詩的な首相の言葉に、野党席からのヤジと与党席からの大拍手が議場で交錯した。複数の閣僚は思わず、失笑した。
 続いて、これぞ“鳩山節”ともいえるフレーズが飛び出した。「この宇宙が生成して137億年、地球が誕生して46億年。その長い時間軸から見れば、いわゆる『人間圏』ができたこの1万年は、ごく短い時間にすぎない…」。議場は再び騒然となった。

騒然となるはな・・おそらく人間圏なんて聞いたことがない言葉だからw

 施政方針演説としては異例の構成だが、首相周辺によると、劇作家で内閣官房参与の平田オリザ氏の演出だという。首相自身、演説後に「理念型で具体性が乏しいという批判が来るのではないかと思いながら、演説をした」と語ったように、意識的に理念強調型を目指したようだ。
 理念を補強するエピソードにも気をつかった。「いのちを守る」という理念を語るため、阪神・淡路大震災の追悼式典の際に耳にした遺族の話を引用した。
 もう一つ、首相が引用したのは、昨年末のインド訪問で立ち寄ったガンジー廟に刻まれていた「7つの社会的大罪」。首相は「理念なき政治」「労働なき富」「良心なき快楽」などの7つの大罪を一つ一つ読み上げた。
 ただ、実母から月1500万円のお小遣いをもらっていた首相が「労働なき富」を「社会的大罪」と紹介することは、ブラックジョークでしかない。
 施政方針演説とは、時の首相が1年間の基本方針を示す演説だ。パフォーマンスよりも政策論に重点が置かれるケースが多い。
 鳩山首相の演説で政策はどう語られたのか。首相は演説で「いのち」という言葉を24回用いた。だが、年間3万人を超える自殺者対策に関しては「いのちを守る基盤として、自殺対策を強化するとともに…」とひとこと触れただけだった。

この自殺対策にしても具体案がないんだよなぁ・・
景気対策も自殺対策であることは実は明白なんだけどね?

景気、失業者数、自殺者数の変動幅の推移
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740-1.html
まず、景気と失業者数の関連をみると、想像されるように見事に相関している。景気が悪化するとそれから1年遅れて失業者数が増加している様子がうかがえる(74年の景気の落ち込み→75年の失業者増加、80年からの景気低迷→81年からの失業数の増大、92年からの景気落ち込み→93年からの失業者数の増大)。他方、景気回復、景気上昇についても景気の変化にやや遅れて失業者数の減少が追従している。

此処の相関図を見れば明白だったりするの・・w

読売新聞
施政方針は作・松井副長官、演出・平田オリザ参与

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100130-OYT1T00112.htm
「いのちを、守りたい」。29日午後1時、衆院本会議場。鳩山首相のややうわずった声が響いた。
 傍聴席には、「主役」の晴れ舞台を見守る側近2人の姿があった。旧通産省OBで参院議員の松井孝治官房副長官。昨年10月の所信表明演説に続き、首相の思いを酌み取って今回の施政方針演説を書き上げた「脚本家」だ。
 本会議直前まで首相の執務室で話しぶりを徹底指導した劇作家の平田オリザ内閣官房参与は「演出家」の役割を果たした。

 内政から外交まですべての政策を「いのちを守りたい」というフレーズで結び、「いのち」を24回も連発した演説は、3人が年末からひそかに練り上げたものだった。自民党政権下なら、官僚主導で「首相のカラーがない」と批判されるのが常だった国会演説はこの日、「鳩山カラー」一色に染まった。

鳩山カラーwwwwwwww
(ノ≧ロ)ノ<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌

舞台、台本、役者全てがミスマッチでした・・orz

松井 孝治
http://www.dpj.or.jp/member/?detail_109=1
京都の方か・・

米・ノースウエスタン大学大学院卒業
東京大学教養学部卒業

学歴ががががが・・・orz・・
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄・・とデイオ様のお言葉がががg

まあ、鳩山会館とかならそれなりに形になったかもしれんが・・国会でやることではないw



ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
SNS-FreeJapan

拡散推奨~外国人参政権付与反対の陳情 
こちらが誰でもできる地方自治体への陳情提出です。

間寛平アースマラソンについて

日本ユ偽フ様の実態です

気軽にポチポチとねw
(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ

クリックщ(゚Д゚щ)カモォォォンクリックщ(゚Д゚щ)カモォォォン

人気ブログランキングへ 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom