忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.11
2017.10  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

署名サイトがあるようですね。匿名でもできます。
私も署名しました!!

少しでも署名が集まりますように、勝手ですが全文転載です。

【署名プロジェクトURL】
神谷明氏の名探偵コナン「毛利小五郎」役降板に断固反対・抗議します!


(PCサイト)
http://www.shomei.tv/project-1303.html

(モバイルサイト)
http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1303.html


2009年9月18日、奇しくも神谷明氏のお誕生日でもあるこの日に、
1996年1月8日の第1回の放映以来、神谷明氏が13年以上にも渡って担当されてきた
人気アニメ「名探偵コナン」の「毛利小五郎」役を「降板」するというニュースが飛び込
んできました。

「名探偵コナン」では過去に白鳥警部の声が途中で交代したり、円谷光彦の声が一時期他の声優さんに交代したことはありましたが、白鳥警部に関しては担当されていた声優さんが逝去されたため、
円谷光彦についても体調不良による一時的なものでした。

ところが今回の降板劇に関しては小五郎役の神谷明氏にとっても本意ではなかったことが
ご自身のブログなどを通じて明らかにされている一方で、制作関係者サイドからは詳しい経緯や降板の理由が明らかにされないまま、ファンの思いを踏みにじるような形で行われようとしています。

また「毛利小五郎」というのは名探偵コナンという作品においては、見た目は子供である主役のコナンが小五郎を麻酔銃で眠らせ蝶ネクタイ型変声機を使い「小五郎の声」で謎解きを披露することが多いため、コナンとは同等といってもよいぐらいの重要な位置づけを担うキャラクターです。

私は声優さんというものはキャラクターに命や魂を吹き込む、
アニメ番組にとっては最も大事な、必要不可欠な存在だと考えます。

それゆえ声優を途中で交代させる事はイメージを大きく壊すと同時にキャラクターそのものを殺す事に他ならず、上記のような物故・体調不良といったやむを得ない事情でない限り、
変更は到底許されるものではないと思います。

神谷氏もご自身のお誕生日である9月18日付のブログにて、降板の発表とともに胸の内を語られております。
(降板の経緯については現在は既に削除されていますが、関連リンクのサイトにて大体の概略については知ることができます)

また、上記の記事をアップされる前に、このような内容の日記も書かれていました。

ボクにとって、死ぬまでギブアップはありません。
 常に、皆さんとともにおります。
 それが、大きな支えです。
 今日の午後も、是非支えてください。
 心は折れていませんが、少し辛いことがあって・・・。

 神谷明オフィシャルブログ「神谷明の屁の突っ張りはいらんですよ!!」より
 
http://ameblo.jp/kamiya-akira/

ブログのコメントに対してもひとつひとつ丁寧に温かいお返事を下さる神谷氏以外に、毛利小五郎という役がしっくりくるとは思えません。

このような大きな謎・違和感を残したままでは、コナンの「真実はいつもひとつ」という決めゼリフを
今後もファンは素直に受け入れられるでしょうか。

神谷氏が元気でおられる限り、小五郎を演じる事が出来るのはこの御方しかいないものと考えます。

名探偵コナンファンは毛利小五郎を演じる神谷明氏の降板に断固反対します

今一度製作サイドに今回の件に関し再考頂きたく、この度神谷明氏の「毛利小五郎」役降板の撤回について
この場をお借りして署名活動を行うこととなりましたので、御支援・御賛同いただける方、何卒御協力の程よろしくお願い申し上げます。

以上

アニメ現場がとても冷遇されているのは、一部の方には有名ですが・・

『コナン』降板、神谷明が語った真実!
http://news.livedoor.com/article/detail/4359584/
19日に「ご説明。」という題のブログを書いた神谷氏。
この中で、今回の降板騒動に ついての真実を語った。降板を発表したときのブログの中で神谷氏は「契約上の問題と、 信・義・仁の問題とだけ申し述べたいと存じます」と綴っていた。

これに関してこの日のブログでは「契約の交渉過程のことです。」と綴っている。
「制作会社の方との交渉中に、本来守秘義務の生じる内容について、 音声製作関連の団体および俳優関連の団体、さらに出演者にまで情報を、 悪意をもって伝えられた。
僕の帰る場所は奪われた」と綴っており、このことが降板することになった一番の理由だと綴った。

また、今回の降板騒動は、神谷氏がブログで発表するよりも前にあるブログで降板情報がリーク
(すぐに消されたが)されており、神谷氏は「その方が僕の情報をリークし、信頼関係 (今回の僕の発表につながる)を失わせました。」とも綴っている。

神谷氏のブログによると、その人は責任のある立場にあるようで、 その後、ある方に復帰のための仲裁を頼んだのだが、 最終的に制作委員会側に拒否されたようである。降板を発表した後に健康を気遣う コメントをもらって本当のことを伝えようと思ったようだ。

事実かどうかは神谷氏しか分かりません。
ファンの一部からは

神谷明氏が自身のブログ(http://ameblo.jp/kamiya-akira/ )で明かした内容によると、
・テレビレギュラー以外のDVD化の報酬に関する契約のトラブルである。
・責任のある立場にある人物が、契約交渉の過程での契約内容について、神谷さんに非のある言い分で 音声制作関連の団体および俳優関連の団体、出演者の一部に伝えた。
・神谷さんは一度は降板を受け入れる。
・責任のある立場にあるその人物がmixiに神谷さんの降板情報を流し、神谷さん復帰の道を閉ざそうとした
・その事を受け、神谷さんは他の人物を通して復帰のための交渉をするが、 最終的に制作委員会に拒否されてしまった。
ということだそうです。

神谷氏は音声関連団体・俳優関連団体に対して、声優が俳優などと同様の権利を獲得するために尽力されており、今回リークした人物からよく思われていなかったようです。
私は神谷氏復帰を望んでいます。
つきましては、コナンや毛利小五郎、神谷明氏に関心がある・ないに関わらず、 私の意見に賛同していただけましたら、以下の署名サイトにて行われている署名に参加していただいたり、 このメールを転送していただけるとありがたいです。
署名方法は、名前・年齢・性別・職業・住所(都道府県と市区町村まで)を記入するだけで、 サイトへの登録は不要、名前を匿名にする事もできます。
賛同されない場合でもこのメールに対する返信はなくても構いません。よろしくお願いします!!


事実かどうかは不明です。
ですが私はアニメが好きですし、アニメの現場がヒドイ・・・||||(・・、)状況だとはよく言われています。
私はアニメを楽しくみたいので署名しましたw


ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ


1クリック支援お願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村

blogram投票ボタン

にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom