忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.08
2017.07  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >> 2017.09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくある有る話ですね。

「少女の奴隷取引やめて」=経済格差背景に違法結婚横行-エジプト
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010071600529
 【カイロ時事】湾岸産油国の金満家らが12~16歳といった結婚最低年齢に満たないエジプト人少女と一時的に婚姻関係を結ぶ違法な「夏の結婚」が問題になっている。
エジプト保健・人口省は、背景に経済的格差や無知があるとして、一掃キャンペーンに乗りだした。
 アラブ圏紙アルハヤトなどによると、エジプトで「闇のビジネス」として成立しており、ブローカーが暗躍。
農村部の貧困家庭を標的に、少女との結婚と引き換えに両親に平均5万ポンド(約76万円)というエジプトの経済水準としては巨額の金銭が支払われる

 「夏の結婚」と呼ばれるのは湾岸出身者が夏にエジプトに避暑に多く訪れるためで、「夫婦」は借り切った高級住宅などに数カ月間滞在。
婚姻関係を解消した後、翌年また別の少女と結婚する男性もいるという。
 同省幹部は「一時的な結婚は金銭目当てであり、奴隷貿易の一種だ」と指摘。
ボランティアの女性を通じて、家族や少女にこうした結婚が少女に深刻な悪影響を与える危険性を訴える考えだ。

こういうケースって今後は欧州でも頻繁に起こるのではないかな?
経済が落ち込むってか・・・生きるすべがないと性産業は技能が必要ないからねぇ・・・


エジプトの一人当たりの国民所得が1,800ドル(15万円)だから・・・
76万円は結構な金額だわな・・



豊満さ求めてステロイド中毒になる売春婦たち、バングラデシュ
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2739855/5947689
【7月8日 AFP】バングラデシュで売春宿を経営するロケヤさん(50)は新たに入った従業員に、ウシを太らせるときに使う薬物、ステロイドを支給する。
 年齢の高い女性では錠剤で十分だが、12~14歳の少女には注射のほうがよく効くとロケヤさんは言う。少女たちは、家族に売られてここにやってきた。「10代の女の子だったら、体つきをよくさせて、本当の年が分からないようにするには一番てっとり早い方法よ」。ステロイドはオラデクソンの商品名で安く簡単に手に入るという。
 しかし英国の慈善団体「アクションエイド(ActionAid)」は、バングラデシュの性産業で働く推定20万人の女性のうち90%が、このオラデクソンなどによるステロイド中毒に陥っている可能性があると警鐘を鳴らす。
 首都ダッカ(Dhaka)から約100キロのファリドプル(Faridpur)県にある政府認可の売春宿で働く900人の女性たちは、ステロイドの長期使用は死に至る危険もあると医師がどんなに注意しても、毎日のようにオラデクソンを使っている。

■やせた体も短期間でふっくら
 従業員のシャヒヌル・ベグムさん(30)がここへ来たのは離婚して破産した後、1人娘を養うためだった。今は入り組んだ売春街の路地裏にある1間のブリキの小屋に住んでいる。月に150ドル(約1万3000円)を稼いでいるが、最初はやせすぎていて客がつかないのではと心配した。

 初めてオラデクソンを使ったのは、宿のマダムに渡されたからだが、体つきはあっという間に豊満になった。そのかわり、薬に病みつきになってしまった。「体はもう風船のようにぱんぱんで高血圧です。医者は止めろといいますが、もう止められないのです」
 宿の喫茶店で売っているオラデクソンは10パック入りで数セント、紅茶一杯よりも安い。
 ベグムさんはこの薬のせいで死んでしまうのではないかと心配している。それでも「7年前に来たときはがりがりだった。けれど娘と母に仕送りをしなければならなかった。『ウシの薬』をやりだしたら、健康的できれいになったわ。今は1日6人のお客をとっている」と話す。イスラム教国のバングラデシュでは、犠牲祭で捧げるウシを太らせるためにステロイドが使われる。

■「ステロイドは自由への近道」
 バングラデシュでは、売春は、政府が認可するいくつかの売春宿では合法とされている。ファリドプルの売春宿は店の裏に隠れて散在しているが、100年以上の歴史を誇る。
 法律では18歳未満の性産業への従事は禁止されているが、多くは18歳に満たない。アクションエイドによると、ステロイドの使用が最も広まっているのはこの10代の少女たちだ。

 バングラデシュの性産業では、従業員は売春宿に拘束され、マダムの「持ち物」として、自分が買われた金を返済していかなければならない。客に好まれる体つきになって多くの客をとることが解放される唯一の道だと、自分もかつては売春婦として働いていたロケヤさんは言う。「自由への片道切符」だからこそ、ステロイド根絶の道は険しい。
 2004年にオラデクソンを常用していた4人の少女が突然、原因不明の死を遂げたことで、バングラデシュの性産業における薬物常用の実態が明るみに出た。「貧しい家庭から来る少女たちはやせ細っていて、栄養失調。客を取るためにはさっさと太らないといけない。オラデクソンは魔法のようだというのが業界の常識」と、アクションエイドのZahid Hossain Shuvoさんは語る。

■数か月の常用で深刻なステロイド中毒に
 ステロイドは関節炎や甲状腺機能の治療などに使われるが、適切に使わないと副作用が深刻だ。ファリドプルの国営病院に勤めるカマル・ウディン・アーメッド(Kamal Uddin Ahmed)医師は、「ステロイドは2~3か月使い続けるだけでもたいへん危険。なのにファリドプルの女性たちは何年も使っているから、今健康面でそのツケを払わされている」と言う。しかし、中止すれば頭痛や発疹などの禁断症状が出る。
 法律上は医師の処方箋がないとステロイドは売れないことになっているが、実際にはほとんど無視されている。
 簡単に手に入り、中毒になり、商売にも弾みがつくとなれば、バングラデシュの売春婦たちがステロイド常用を止めることなどありそうにない。ベグムさんは訴える。「薬が体に悪いのは知ってるわ。けれど止めるほうがもっと悪い。具合が悪くて働けなくなったら、誰が娘を育てるの?」

 

買春宿での生活(インド)/プラン・ジャパン
http://www.youtube.com/watch?v=iw-qZy3RTxo

女の子の人身売買(ネパール)/プラン・ジャパン
http://www.youtube.com/watch?v=wk86oUsT8Yo

基本貧困問題だからなぁ・・・
人権を侵害してるって(# ゚Д゚) ムッキーってしても解決には向かわない。
知ることだけでは足りなくて、どうするべきかっていうと・・・
国が豊かになって教育が普及していく事しか改善策はないのよねぇ・・・
可哀想で解決はできないのはどんな事でもですけ。


でもこんなケースも結構あるから・・・
社員をマニラに派遣したら売春宿にはまった挙句お気に入りの女の子と結婚すると言い出したでござるの巻
http://pgshvn.livedoor.biz/archives/51185374.html

色々な側面が絡んでるからなぁ・・・


SNS-FreeJapan

誰でもできる署名請願!!
日本ユ偽フ様の実態です

気軽にポチポチとねw
(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ

人気ブログランキングへ我がクリックに一片の悔いなし・・∩(゚Д゚)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom