忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.11
2017.10  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

日経平均   10,546.44  -91.62(-0.86%)

銘柄(コード)
本決算/中間決算
保有株数
(注文中等)
現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
昭電線HD(5805)
3月末決算/9月末決算
26,000株
 
80円
95円
2,000,000円
2,375,000円
-390,000
-15.8
日立(6501)
3月末決算/9月末決算
25,000株
 
284円
328円
7,100,000円
8,200,000円
-1,100,000
-13.4
KABU.COM(8703)
3月末決算/9月末決算
53株
 
89,800円
113,217円
4,759,400円
6,000,501円
-1,241,101
-20.7

評価額合計 13,939,400円
 
評価損益合計 -2,731,101
-16.4


一部に熱狂的なファンのいる暇つぶし投信です。
我が持ち株は動きが極端だなw

大納会の東京株終値、1万0546円44銭 3年ぶりに前年末上回る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091230-00000524-san-bus_all
今年最後の取引となる大納会を迎えた30日の東京株式市場は、売り買いが交錯するもみ合いとなり、日経平均株価の終値は前日比91円62銭安の1万0546円44銭だった。世界的な金融危機の影響を受けた昨年の大納会の終値と比べると、1686円88銭も上がっており、年間上昇率は19%だった。前年末の株価を上回ったのは3年ぶり。

そりゃ・・リーマンショックと麻生前政権のことを述べないと話にならんだろwwwww

日立が英高速鉄道車両を1兆円で受注へ 年明けにも最終契約
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091230/biz0912300025000-n1.htm
日立製作所は29日、英国の高速鉄道に新型車両を導入するプロジェクトで、同国運輸省と年明けにも最終受注契約を結ぶことを明らかにした。受注総額は最大1兆円に上る。
日立では、鉄道発祥の同国での大型受注を弾みにロシアやスペインなど欧州各国で売り込みをかける。
飛行機や自動車よりも地球環境への負荷が小さい鉄道の需要が世界的に高まっており、日立のほか、三菱電機や川崎重工など優れた技術を持つ“日本の電車”のビジネスチャンスが広がっている。


地球環境ってより効率が良い事のほうが重要でしょw

 日立が受注するのは、英運輸省の「インターシティ・エクスプレス・プログラム」。
英国では運輸省が窓口となり国内高速鉄道の車両の調達契約を結ぶ。計画では、ロンドンと北部のエディンバラや西海岸を走る複数の路線に順次、1400台の新型車両を導入していく。
 日立は今年2月に優先交渉権を獲得し、正式契約に向け協議を続けてきた。契約では、新型車両の大半の製造と運行システムの開発などを受注する見通し。平成25年から数年かけて納入し、その後のメンテナンスも請け負う。
 日立はこの計画とは別に、ロンドンとドーバー海峡に面したアシュフォードを結ぶ高速鉄道の車両を受注し、今月から新型車両が運行を始めている。
 英国で日本メーカーの電車が走るのはこれが初めてという。日立が納入した軽量アルミ製車両は同区間の運行時間を従来の83分から半分以下に短縮した。省エネなど車両の性能に加え、短期間での納入などの実績が高く評価され、今回の大型受注につながった。
 日立は今後、英国での実績をてこに、鉄道網の老朽化が進む欧州各国への進出を急ぎ、スペインやロシアで来年にも現地調査に乗り出す方針だ。
 欧州では“鉄道ビッグ3”に入るシーメンスの本拠地であるドイツとアルストムがあるフランスは参入障壁が高いと判断。周辺国から開拓することにした。車両製造のほか、制御装置やキップの自動販売システムなど関連設備なども売り込んでいく考えだ。

まあ、これが事実なら買いが集中するでしょうねw
日立からのニュースリリースは正式に契約してからでしょうw
つうか予想されたシナリオの一つでしかなく・・
ベトナムで行われる鉄道開発にも当然絡んでくると妄想(*´д`*)ハァハァハァアハァ

ハゲタカファンドが狙いつけた日立製作所
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091229-00000001-facta-bus_all
010年に創業百周年を迎える日立製作所。総合電機の名の下に総花的経営を続け、毎年のように赤字を垂れ流し、財務基盤は痩せ細った。乾坤一擲の公募増資に打って出たものの、1株利益の希薄化を嫌って株価が急落。もはや資本調達も思うに任せない。そんな満身創痍の巨艦企業に、外資系投資ファンドが狙いをつけたとの情報が、証券筋を飛び交っている。
日立は09年3月期に国内製造業で最悪の7873億円の最終赤字に陥り、今期も2300億円の赤字見通しだ。その原因はリーマン・ショックだけではない。「冷蔵庫から原発」まで戦略性もなく手を広げた巨大組織の機能不全に、覆いかぶさるように世界同時不況がやって来たのだ。

09年4月に、元副社長の川村隆氏が社長として本社に返り咲き、「社会イノベーション事業」を核に事業の選択と集中を進める方針を掲げたものの、めざす姿ははっきりしない。
同じく09年3月期に3435億円の最終赤字に陥ったライバル東芝は、6月に普通株と劣後債で5千億円を調達。
原発や半導体といった世界的に強みのある分野に経営資源を傾斜配分する事業戦略を推進し、マーケットの評価を高めた。

それに比べ日立の川村社長は、「社会イノベーション事業」を提唱するが、その中身は電力、環境、情報、交通システム、電池などと幅広く、焦点が絞り切れていない。
しかも、打ち出した具体策は日立マクセルなどグループ5社の完全子会社化ぐらい。「迫力も説得力もない」(証券アナリスト)。そのくせ11 月に30%以上の株式価値の希薄化を招く公募増資を発表。エクイティストーリーなき増資にマーケットは拒否反応を示して株価は急落した。

11月11日の株価299円台を前提に3100億円余りを手にする腹積もりだったが、公募価格は230円と想定の2割も下回り、調達額が計画より600億円も少ない結果となった。証券関係者は「この有り様では、10年中に2度目の増資に追い込まれる」と見る。

これはタイミングが悪かったよ・・本来は衆議院選前にやるべきだった・・・orz
2度目の増資はなんともいえんなぁ・・
東芝が劣後債出したときには散々な評価だった気がします・・多分知らぬ存ぜぬなんだろうなw

前述のとおり東芝は財務悪化に追い込まれたものの景気の回復局面を捉えて夏前に増資を敢行。新株を発行したにもかかわらず株価は上昇した。日立も東芝と同時期に資本増強の必要性に迫られながら、ずるずると半年も遅れ、その間に事業環境もマーケットの地合いも悪化してしまった。経営的失態は明らかだった。

年末に2500億円の増資をしたが、それも今期末の通期赤字(2300億円)の穴埋めに消える。自己資本比率(9月末が10.9%)は危険水域とされる10%前後であり、将来を見据えた研究開発や設備投資の余力などありはしない。こんな日立が再び増資を強行したら、まともな投資家はそっぽを向くに違いない。

こうした中で、ある大手証券の幹部は「欧米の投資ファンドが日立に関心を示している。すでに米KKRなどが触手を伸ばしている」と明かす。
技術力は世界トップ級だが、商売が下手で財務基盤の危うい日立は「ハゲタカ」にとって絶好の獲物。「ファンドで増資を引き受け、過去のしがらみを排したリストラを断行すれば、転売先はいくらでもある。日立にはあらゆる事業分野で最高レベルの技術的な裏付けがあるだけに、個別事業やグループ会社の切り売りも可能。まさにハゲタカ好みの巨艦だ」(前出の大手証券幹部)

グループ解体のシナリオはいくつも描ける。クジラのような日立本体を呑み込まずとも、有力なグループ会社が対象なら投資負担も小さくて済む。日立には、日立建機や日立金属など世界的競争力のあるグループ会社がある。いずれも株式を上場し、独立心が旺盛で、決して親会社の言いなりにはならない。その一方で日立物流など売却の噂が絶えない会社もある。妙味は尽きない。

ハゲタカにとっては世論を刺激するTOB(株式の公開買い付け)だけが能ではない。「複数の投資銀行が日立の有力グループ会社にMBO(経営陣による買収)を水面下で提案している」との風評も立っている。

結構面白い視点のニュースなのですが・・この雑誌は買いませんw
投資の役に立たないものw

日経平均反落、JAL急落で強気ムード後退
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13157320091230
 
[東京 30日 ロイター] 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落。対ドルで92円台まで進んだ円安を好感した買いが輸出株に入ったものの、先行き不透明感が強まっている日本航空(JAL)(9205.T: 株価, ニュース, レポート)の急落で強気ムードが後退し、引けにかけて売り優勢となり安値引けとなった。
全体的には年末年始の休暇を控えて薄商いだったが、来年1月4日の大発会に稼動する東証の新売買システム「アローヘッド」の影響が不透明だとする向きから引けにかけてヘッジ売りが出たとの見方もある。

円安、円高だけが要因ではないはずだけどw

 東証1部騰落数は値上がり323銘柄に対して値下がり1235銘柄、変わらずが127銘柄だった。東証1部売買代金は9291億円。

 後場中盤まで前日終値付近でのもみあいで推移していたが、引けにかけて売りが強まった。市場では「アローヘッドの稼動を控えてのヘッジ売りではないか。地合い悪化を見通してのニューショートが組まれた可能性もある」(準大手証券トレーダー)との見方が出ている。

 ドルは午前中に92円08銭を上回る2カ月ぶり高値を付け、ここ数日滞留していた91円台を抜けたことでさらなる円安期待も出ているが、きょうはJALの急落が相場を冷やした。

 JALは一時、前日比28円安の60円まで下落し、上場来安値85円を更新した。支援案の調整が難航しており、先行き不透明感が強まっていることが嫌気されている。「法的整理も検討されており、保有債権への影響が懸念される銀行株が売られている。株主優待やマイレージもどうなるか分からず、個人投資家が投げ売りしている」(国内証券)という。大手銀行株も小幅ながら続落した。

Σ( ̄□ ̄)9☆(((≪*☆*ドーーーン!!*☆*≫)))☆
ってか前後不覚さんの失策というか人災レベルw
民主党が株価の不安材料視される理由の一環ですなぁw




ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
SNS-FreeJapan


おつるの秘密日記(必見!!)
http://blogari.zaq.ne.jp/otsuru/

毎日新聞事件とは?


拡散推奨~外国人参政権付与反対の陳情
こちらが誰でもできる地方自治体への陳情提出です。

間寛平アースマラソンについて

うわさですよwクリックすると持ち株が上がる気(≧∇≦)ノ ハーイ♪

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom