忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.11
2017.10  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

日経平均   10,505.02  -188.64(-1.76%)

銘柄(コード)
本決算/中間決算
保有株数
(注文中等)
現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
三井松(1518)
3月末決算/9月末決算
20,000株
 
165円
177円
3,300,000円
3,540,000円
-240,000
-6.8
三菱マ(5711)
3月末決算/9月末決算
25,000株
 
301円
283円
7,525,000円
7,075,000円
+450,000
+6.4
日立(6501)
3月末決算/9月末決算
5,000株
 
505円
450円
2,525,000円
2,250,000円
+275,000
+12.2
ゼンショー(7550)
3月末決算/9月末決算
100株
 
886円
667円
88,600円
66,700円
+21,900
+32.8
KABU.COM(8703)
3月末決算/9月末決算
14,000株
 
353円
513円
4,942,000円
6,874,000円
-1,932,000
-28.1

評価額合計 18,380,600円
 
評価損益合計 -1,425,100
-7.2

今日もゲンユガーか・・・
基本は100ドル以上で安定と割り切るべきだとw

日立、米社にHDD事業を売却
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110307/biz11030721300026-n1.htm
日立製作所は7日、ハードディスク駆動装置(HDD)事業を手がける米国子会社を、HDD世界首位の米ウエスタン・デジタル(カリフォルニア州)に売却すると発表した。売却額は約43億ドル(約3500億円)。同子会社は日立が2003年に米IBMから買収したHDD部門が母体。わずか8年での事業撤退を決断した背景には、浮き沈みの激しい事業を避け、経営資源を原子力や鉄道などの社会インフラ事業に集中する狙いがある。
 売却するのは、日立の100%子会社でHDD世界3位の日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)。9月末までに全株式をウエスタン・デジタルに売却する。
 HGSTは日立が約20億ドルで買収したIBMのHDD部門が主体となって発足したが、市況の変動が激しく、長らく赤字経営を強いられた。だが、その後の構造改革によって収益が好転。08年に初めて黒字化に成功していた。
 さらに日立は昨年11月にHGST株の米国上場に向けて準備を始めると発表していたが、一転して売却を決めた。
 
企業を再生して売り抜け・・・ハゲタカって本来はこんな役割だったはず・・・・w
将来的なHD事業の縮小、レアアースの高騰などが理由として考えられるかな?

日立の公式発表
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2011/03/f_0307a.pdf
これは良い取引
現金35億ドル&WD株式2500万株(WDの株式10%)
日立からWDへの取締役2名


全量買い取り、産業界が異論 「再生可能エネルギー」政府方針で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110306-00000006-fsi-bus_all
 ◆料金上乗せに反対
 全量買取制度の買い取り価格は、太陽光発電と、風力など太陽光以外の発電方式に分けて設定する方向で検討されている。すでに実施されている太陽光の余剰電力買い取り制度の11年度の買い取り価格は、個人からが1キロワット時当たり42円、事業者からが同40円。太陽光発電設備を取り付けると設置から10年間、この価格で電力会社に余剰電力を買い取ってもらえる。12年度からの太陽光の全量買取制度では、これをベースとして買い取り価格が検討される。
 一方、太陽光以外の場合、1キロワット時当たり15円か20円、買い取り期間は15年か20年がたたき台となる。
 しかし、先月18日に経産省が開いた総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会では、全量買取制度に対して産業界から反対が相次いだ。同制度では、電力会社が買い取りにかかった費用を電気料金に上乗せすることが想定されているが、値上げを主導させられる電力会社から不満が噴出したのだ。
 電気事業者連合会は「全量買取制度は国民生活に相当な影響を与える。経済状況が厳しい中、(電気料金の値上げを伴う)このような制度が受容されるのか」と主張。電力各社は原子力発電の推進など自力で環境対策を進めていることを強調し、全量買取制度の導入に慎重姿勢を示している。

 ◆電力多消費型業種も
 電気を買う側では、電力多消費型産業の反対も強い。日本鉄鋼連盟は「鉄スクラップから粗鋼を生産する電炉メーカーは、これまでも省エネへの取り組みを進めてきた。それでも売上高に占める電気料金の割合は一般的な製造業の10倍」として、全量買取制度が特定の業種に負担を押しつける制度であることを強調する。
 日本化学工業協会も「化学業界は電力多消費型ではあるが、エネルギー効率を高める断熱材を製造するなどして、産業全体としては温室効果ガスの削減に貢献している」と訴える。電気料金の値上がりは研究開発にかける費用削減につながりかねず、電気料金が安い韓国企業などに追い上げられる可能性に懸念を示している。
 ただ、産業界でも、太陽電池パネルを製造するシャープなどの電機メーカーからは「12年度のできるだけ早い時期に実現してほしい」との声も上がる。風力発電の製造や建設に携わる三菱重工業や鹿島などが加盟する日本風力発電協会も「早く実施してもらいたい」との立場だ。
 政府は20年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で25%削減するという目標を掲げており、全量買取制度には「たとえコストがかかっても実施すべきだ」との支持もある。
 政府が12年度の全量買取制度導入を目指す考えに変わりはないものの、産業界からは「少しでも早く詳細な制度設計を明らかにして、経済への影響を明確にしなければ議論が前に進まない」との指摘も出ている。(小雲規生)

全量買取は失敗。
麻生政権下では、余った部分のみの買取検討していたのだが、民主党が全量をマヌケストにw
ほとんどの人は電気料金が上がることを理解してないでしょ・・・?
CO2削減の御旗とされているけど現状で制度設計未定って・・・orz

パソナ、新卒200人雇用し就農支援
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110307-OYT1T00631.htm
 人材派遣大手のパソナグループは7日、大学・短大を卒業後3年以内の若者200人を雇用し、農家としての独立を促す事業を今年4月から始めることを明らかにした。
 民間企業による就農支援では最大規模となる。農業就業人口の減少が続く中で、農業に興味を持つ若者に就職先を提供し、農業の活性化にもつなげたい考えだ。
 淡路島(兵庫県淡路市)の農場(約10ヘクタール)で、地元の若手農家らが、野菜の栽培や加工、販売のノウハウなどを教える。雇用期間(1~2年間)中は月給約10万円を支給し、寮も用意する。
 近く東京、大阪で説明会を開く。雇用期間中は、ビジネスマナーなども教え、社会人としての適応力を高めてもらう。希望者には、雇用期間終了後、新たな働き先となる大規模農家の紹介なども行う予定だ。

面白いシステムではないか?定年後の人も採用できればいいのだけど
ノウハウを得た後の働き先の保証できてくれば、専門学校よりいいでしょw
月給10万ってのが手取りなんだかどうかで条件は変わるかな?



SNS-FreeJapan

毎日新聞事件とは?

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom