忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.11
2017.10  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


歴史と外交─靖国・アジア・東京裁判 (講談社現代新書)
内容紹介
政治が歴史に変じ、歴史は政治に転ずる。
 そのダイナミズムをいかに掴み、国益を守るか。日本外交の第一線に立ってきた元外交官が 「昭和」の過ちを昇華せんとする体験的思索の書。


ずっと紹介したいなぁと思いつつ自分の中でまとめられなかった一冊です。
本書の書評で

河野談話や村山談話の内容を読まずにいろいろと不毛と言っていい論旨がなされるなかで、日本の戦後から現在まで引きずっている各種の歴史問題が纏められた一冊です。
恐らくは反対する人も多くいる著者の意見だが、現在という視点でしか歴史を見られないというのは日本だけではなく、世界的な現象で考えてみれば当然でもある。
(物事を自分からの視点でしか考られない)
歴史的な背景による外交の難しさや著者の葛藤など示唆に富んでいます。

少し読みづらい点があるのが難点ですかね。


と書きました。

河野談話や、村山談話を直に読まれた方は少ないのではないでしょうか?
いわゆる村山談話と河野談話
http://a9bqmeygvg.blog.shinobi.jp/Entry/611/

私は読んでみて屈辱的であるとかは感じませんでした。
無論その後の運用や、言葉の使い方などが問題であるとは思います。
それらが現在まで禍根を残しているのは事実です。
ですが、物事にはいろいろな立場があると考えれば遅かれ速かれ近いものは発表されたと思います。

A級戦犯のお孫さんにして外交官で在られた著者の視点、そして今に至るまでずっと続いている歴史に対する対立について上手く分類してあり、目から鱗な一冊でした。
特に、慰安婦問題についての決議が、ワシントンポストの意見広告が止めとなったとの意見は日本からみればまさしく驚きの意見でしょう。
本書に書かれているように「納得できないかもしれないが・・」の下りは今回の政権交代にも当てはまるので少しうなってしまいましたw


ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ


1クリック支援お願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村

blogram投票ボタン

にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom