忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.08
2017.07  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >> 2017.09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

もともとは孟子の言葉なんですね・・

http://www.suwaseiryo.jp/seiryohs/tosyo/tosyo41/somo.html
そう-もう【草莽】
①草の生い茂った所。くさはら。くさむら。 
②民間。在野。-のしん【草莽の臣】官に仕えないで民間に在る人。在野の人。(広辞苑)


幕末動乱のこの時代、"草莽"という言葉は日本で沸き上がった。
元々草莽の語源は、中国の周代に発している。
『孟子』には、「国に在る市井の臣といい、野に在る草莽の臣をいう。皆庶人をいう」と出ている。
十八世紀の対外危機と国内の幕藩体制の解体という社会や政治の危機が進む中で、草莽の意識をもった志士たちが各地に現れ、多様な行動を展開した。

幕末から戌辰戦争にかけて結成された草莽隊を含む諸隊の数は、五~六百隊になるといわれ、戌辰戦争期に結成された数は約三百隊(約五万人)である。
そのうち半数以上の百八十隊あまりは官軍に属し、その他の多くは幕府側に属して共に戦った。

志士の多くは、高名な指導者ではなかった。
むしろ、権力の支配機構としての官僚体制からはみ出た、またははみ出さざるを得なかった、自分を草莽と思えば誰でも草莽になることができるといった人達で、例えば、ある藩を脱藩した浪士や、地方の豪農商出身で、無名というに等しい人達であった。

これらの草莽の志士は、ある時は郷土の行く末を案じて、ある時は国の政治の乱れを憂え、またある時は夷狄(いてき)に侵されはしないかと恐れ、というように現状に対する危機意識に促されて政治的活動に飛び込んだ。

この草莽の積極的、主体的なエネルギーが新政府軍を有利な状況に導いていったのであるが、新政府の指導に服さないものは容赦なく弾圧された。
つまり新政府の指導者達は、自分達の有利な状況ができるまでは草莽の力を借りたが、ある程度見通しのついた段階で、いろいろな騒動を起こしかねないような、または裏の事情を知っていないとも限らない志士達を逆に捨ててしまった。特に官軍の指導に対して独自な動きに出た隊ほど、きびしく弾圧され悲劇的な結末を迎えることになった。

そして、五~六百といわれる隊の中から明治以後、功なり名をあげた草莽の志士はほとんど出ていない。

後半はなんとも・・有る意味、鳩山政権へのアンチテーゼですねぇw
自民政権に危機感を覚えて、鳩山政権に委託したのですが・・
今回の平成維新は失敗に陥りつつあるわけですね。
まあ、明治維新も全てが上手くいったわけではないのですが・・


吉田松陰
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%9D%BE%E9%99%B0
安政の大獄で収監される直前(1859年4月7日)、友人北山安世に宛てて書いた書状の中で「今の幕府も諸侯も最早酔人なれば扶持の術なし。草莽崛起の人を望む外頼なし。されど本藩の恩と天朝の徳とは如何にして忘るゝに方なし。草莽崛起の力を以て、近くは本藩を維持し、遠くは天朝の中興を補佐し奉れば、匹夫の諒に負くが如くなれど、神州の大功ある人と云ふべし」と記して、初めて用いた。


吉田松陰については詳しくしりません。評価は微妙だったりしますがw
でも、格言教えは面白いですね。

**************************************************

志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない
世俗の意見に惑わされてはいけない 
死んだ後の業苦を思い煩うな
また、目先の安楽は一時しのぎだと知れ
百年の時は一瞬にすぎない
君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように

**************************************************

至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり

**************************************************

志を立ててもって万事の源となす

**************************************************

志士は溝壑(コウガク)に在るを忘れず

**************************************************

己に真の志あれば、無志はおのずから引き去る
恐るるにたらず

**************************************************

凡そ生まれて人たらば宜しく人の禽獣に異なる所以を知るべし

**************************************************

体は私なり、心は公なり
私を役して公に殉う者を小人と為す

**************************************************

人賢愚ありと雖も各々十二の才能なきはなし
湊合して大成する時は必ず全備する所あらん

**************************************************

死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし
生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし

**************************************************

幾つか突っ込み所がありますが・・頷く点があります。
言葉の意味は調べてみると面白いですね。


ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
SNS-FreeJapan

日本ユ偽フ様の実態です

間寛平アースマラソンについて

気軽にポチポチとねw
クリックщ(゚Д゚щ)カモォォォンクリックщ(゚Д゚щ)カモォォォン

べっ別にこれはクリックして欲しいワケじゃ(///)べっ別にこれはクリックして欲しいワケじゃ(///)

人気ブログランキングへ 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom