忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.06
2017.05  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

年内に予算が決定するか不明になってきた(゚∀゚)神のヨカーン

菅VS.亀井「しこり残りません」 8日の鳩山首相
http://www.asahi.com/politics/update/1208/TKY200912080335.html
 【菅副総理VS亀井大臣】

 ――きょう追加経済対策が閣議決定されたが、菅直人副総理と亀井静香大臣が激しく議論し、記者会見でお互いが相手に不満を述べている。連立や閣内にしこりを残す不安はないか。

 「まず、24兆円規模のね、事業規模の、補正予算をみんなで努力をして組んだと。
そのことで経済をしっかり立て直していこうじゃないかという意思が表明されたことは、良かったと思っています。その中で、政策論争ですからね。
いろんな激しい議論があったことはむしろ、私はそれぞれの立場からね、経済をなんとかしなきゃならんと。あるいはこれはやはり財政規律も大事だと。いろんな意見があって、厳しい意見のやりとりがあったのは、私はある意味で認められてしかるべきだと。
極力その後はね、お互い意見の開陳のあとは、仲良くやることが当然ですから、私も含めて当然のことながら、政策論争なんですから、しこりが残らないように最大限努力しますし、しこりは残りません。そう思います」

アタマガクルッポー様のご希望ですが、ルサンチマンの方々は自分が否定されたり、認めない人は基本絶対に忘れませんw
自分のアイデンティティに関わるってか・・誰かを誹謗中傷しつづけないと自分を肯定できない方々ですからw

 【事務次官の廃止】
 ――仙谷由人大臣が検討している事務次官の廃止について、首相の考えはどうか。

 「これはいまね、閣内でも議論していますし、政治主導ということだけで議論するものではないと思います。ある意味で、今日まで事務次官の役割は何だったのかと。
やはり事務方のトップとして、ある意味での役所をまとめるという役割があったと思うし、それがすべてなくなったということでもないと思いますから。
しかし、一方で会議(※原則週2回の事務次官会議)もなくなったんだから廃止もしていい、と様々な議論が今始まったばかりでね。私が今、そんな中でね、どちらに軍配をあげるかということまで申し上げるつもりはありません。大いに議論すればよいと、そう思っています

官僚の答弁禁止して偉いことなったのわすれたのか・・凄い忘却力・・

 【過去最大の借金】
 ――今年度の税収が37兆円を下回り、国債発行額が過去最大の53兆円に達する見通し。来年度の新規国債発行額を44兆円以内に抑える考えに変わりはないか。

 「これはあの、リーマンショックからきていますからね。
 それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。
 それだけに、ここまで深刻になってしまったことは、残念なことではありますけども、しかし経済をある意味では、しっかりと立て直していかなければならんということで、補正を組んだ前政権の考え方も分からんわけではない。
 どこまで有効であるか、ということで我々は事業仕分けのような、凍結のことも行いました。しかし、結果として税収も大きく減ったわけですから、結果として、国債をこうせざるを得なかったということは、国民の皆さんも理解をして頂けるのではないかと、そう思います。しかし、財政規律はそれなりに、一方で経済、一方で財政、これはともに国民の皆さんの命を守るために必要な議論でね、そのバランスの問題だと思います。
 これ以上深刻にならないようにしなきゃいかんというために、経済的な手だてを打つと。
 一方で打ちすぎると財政がおかしくなる、ということですから、そのバランスの中で私は44兆円、来年度に関してはそれに向けて努力しようじゃないか、ということで申し合わせたわけです。
 いまはその努力に向けてですね、一人ひとりが頑張って、閣僚の皆さんがね、その中で予算を組もうとしている状況ですから、まずは私はこの44兆円に手足を縛られて、それによって人の命の方が失われるという話になってはいけないことも事実でありますけども、努力としてはこれからも続けていこうと、思っております」

読んだ感想は、長いけどなんの意味もないことを喋ってる。時間の無駄。
野党時代に散々経済対策の邪魔をしておいて、リーマンショックから来ているはないでしょうw
リーマンショックは自民の性といっていたお馬鹿政党の言い訳としては許されません。

鳩山首相の問題は意思決定能力がないところですね。政治家としては致命的ですが・・

事務次官の廃止検討、閣僚から慎重論
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20091208/20091208-00000049-jnn-pol.html
「当然、事務次官の存否、存在問題については、本格的に議論されるだろうと」(仙谷由人行政刷新相)
 仙谷大臣はこのように述べ、政治主導を進めるため各省庁の事務次官ポストの廃止を検討する考えを示しました。
 これに対し、閣僚からは・・・
 「結論から言うと、もうちょっとしっかり議論したほうがいいと思う。別に反対ではありませんが、今直ちに廃止がいいのかどうかというのも・・・」(直嶋正行経済産業相)

 「次官、審議官、局長はじめですね、皆さん一生懸命仕事をしてもらっていると、そういう認識を持っています」(前原誠司国交相)

 「政治家である大臣が本当に局長以下の役人を駆使して、政治をやれているのかという問題がある。やれるかという問題があるでしょ」(亀井静香金融相)
 
仙谷大臣としては、来年の通常国会に提出する公務員制度改革関連法案に「事務次官の廃止」を盛り込みたい考えです。

面白いな・・行政刷新相はなにも仕事らしい仕事がないからこういう意見が出るのでしょうw
他の大臣がどん引きしてるw

事務次官廃止、厚い壁 平野、亀井氏が反対 首相、連合は様子見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091209-00000065-san-pol
仙谷由人行政刷新担当相が、政治主導を確立するため打ち出した事務次官ポスト廃止論が政府内で波紋を広げている。事業仕分けを契機に、官僚主導の予算編成にメスを入れた仙谷氏。次のターゲットを官僚システムに向けたいとするが、公務員制度改革関連法案の来年の通常国会提出には、大きな壁が立ちはだかっている。
 一つは、平野博文官房長官ら閣内の反対論だ。平野氏は8日の記者会見で「事務取扱責任者としては必要だ」と真っ向否定。労働基本権付与など公務員制度改革全体の工程を明らかにしないままで、次官ポスト廃止だけ先行させた関連法案を提出すべきではないとの考えを強調した。亀井静香郵政改革・金融相も「組織がある以上、トップがいた方が便利。次官をなくすだけで政治主導が進むものでもない」と述べた。
 背景には、民主党最大の支持団体、連合の存在がある。
連合は「公務員制度改革全体の工程表を示してくれないと受けられる相談ではない」(幹部)と賛否を明確にはしないが、連合の古賀伸明会長と同じパナソニック労組出身の平野氏の意向とピタリと一致する。

電●連合が・・・こんな感じでしょうかw
 
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  お断りします | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|りします  |
    ∧|  お断りします |____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ぞろぞろ・・・・・
. . ( ゚ |_______|. ||    |  お断りします |
  / づΦ. ∧∧ || ( ゚ω゚ )||    |_______|ぞろぞろ・・・・・
.       ( ゚ω゚ )|| / づΦ     ∧∧ ||
 ̄ ̄ ̄|  / づΦ ぞろぞろ・・・・・.( ゚ω゚ )||       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
り | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          / づΦ.       |  お断りします |
_|  お断りします |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |_______|
  |_______|    |  お断りします |       ∧∧ ||
.    ∧∧ ||         |_______|.     ( ゚ω゚ )||
.   ( ゚ω゚ )||      .       ∧∧ ||             / づΦ
   / づΦ           ( ゚ω゚ )||
         ぞろぞろ・・・・・  / づΦ

暫定税率、一部存続案が浮上…環境税先送りでも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091209-00000221-yom-bus_all
2010年度税制改正の柱となる、ガソリン税などの暫定税率の廃止について、政府内で修正案が8日浮上した。

 暫定税率を全廃したうえで、来年4月から1年間、ガソリン税と軽油引取税の税率を現在の暫定税率を下回る範囲で上乗せする新税を導入し、暫定税率の一部を事実上残す。地球温暖化対策税(環境税)の来年4月導入が実現しなかった場合に、暫定税率廃止に伴う税収減をなるべく少なくするための案だ。

政府税調 暫定税率、3月末で廃止 環境税は慎重大勢
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000060-san-bus_all
 会合では、暫定税率の廃止方針に対する異論はなかったが、環境税の導入時期をめぐって意見が分かれた。
4月導入を主張する環境省側に対し、暫定税率廃止をそのまま環境税に“衣替え”することに「国民へのだまし討ちになる」(増子輝彦経済産業副大臣)、「制度設計の議論が現状では不十分」(大塚耕平内閣府副大臣)など早期導入に反対する意見が相次いだ。

これは・・経済悪化する・・orz
暫定税率が下がった分の投資はどうするんだろう???
税制については何も変更するなβακα..._φ(゚Д゚ )

テレ朝来春大改編!小宮悦子キャスター降板へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091209-00000045-spn-ent
 テレビ朝日が、来年4月の改編期に大なたを振るう。小宮悦子キャスター(51)が、司会を務めてきた報道番組「スーパーJチャンネル」(月~金曜後4・53)から降板。
ジャーナリストの田原総一朗氏(75)も「サンデープロジェクト」(日曜前10・00)を降りる。いずれもリニューアルに伴う“人事”で、後任は今後発表される。
 当初は月~木曜の出演だったが、同10月から月~金曜を通してキャスター席に座り、「スーパーJチャンネル」に専念。その後はテレ朝「夕方の顔」として番組を支え、来年3月には丸12年となる。

 ただ、同局は不況の直撃を受け、大幅な制作費削減を進めている真っ最中。フリーの小宮キャスターから、ギャラが発生しない同局アナウンサーに交代するという案がこれまでも浮上し、先月末から今月初めの間に最終決定した。

応援団が着々と死の13階段をのぼっていますね。
(ついでに言えば、ブーメラン政党への応援弾幕が薄くなりますw)
予想通りですがまだまだ過程に過ぎないですよ。

田原総一郎って・・ジャーナリストだったんだ・・タレントだと思ってました___

 
ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
SNS-FreeJapan

拡散推奨~外国人参政権付与反対の陳情 
こちらが誰でもできる地方自治体への陳情提出です。

間寛平アースマラソンについて

日本ユ偽フ様の実態です

科学技術創造立国として署名のお願い(継続)

気軽にポチポチとねw
クリックщ(゚Д゚щ)カモォォォンクリックщ(゚Д゚щ)カモォォォン

人気ブログランキングへ 


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
しかし・・・アナウンサーやめる 
  ⇒選挙に出る

 の黄金パターンがありますので
 オツムの良い人々なら、この流れくらいは
 抑えてるのではないでしょうかw
名無権兵衛 2009/12/09(Wed)12:57:55 編集
Re:無題
>しかし・・・アナウンサーやめる 
>  ⇒選挙に出る
>
> の黄金パターンがありますので
> オツムの良い人々なら、この流れくらいは
> 抑えてるのではないでしょうかw

参院比例ならあるかな?
民主党くらいしか拾う党はないと思いますけど・・
【2009/12/09 17:31】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom