忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.06
2017.05  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チラ裏倉庫から引用です。
http://chiraurasouko.blogspot.com/
青色が私のコメントw(ちょこまか更新します)
ちなみにかってな妄想です。

各首相の政権発足後の国会会期日数
101 日出づる処の名無し sage ▼ New!2009/12/25(金) 15:36:11 ID:3E/+kNtu
余計な仕事だけはすると聞いて調べてみた。
政権発足後の国会会期日数(年内)
安倍9/26~12/19 85日
福田9/26~ 1/15 112日
麻生9/24~12/25 93日


鳩山9/16~19,10/26~12/4 40日
税金ドロボー

金くい鳩ですなぁ・・まあ、基本自民が、国民が悪いですから・・

クックー       ノ´⌒`ヽ 
 クルッポー γ⌒´      \
       .// ""´ ⌒\  )  クックー
       .i /  \  /  i )    クルッポー
        i   (・ )` ´( ・) i,/
       l    (__人_)_ |
       \    `-ヽ壱ヽ     もっとくれ!
        `7      )○)
           / / ̄ .ノ万ノ)
       / /ノノノノノ ̄)ノ     ______
    ,, イΞ / ノノノノノ / ノ     ノ.壱ノ _____
   イ=≡∠ ノノノノノノ/    /○/  |.壱.|
       `゙"}{'´`}{゙゙"´    /万/   λ○.l
           ´`` ´``.      ̄ ̄     丶万ゝ
                           `´

「我が国はもはや、『誰か』への依存では立ちゆかない」という結論に至るのでは?
28 日出づる処の名無し sage ▼ New!2009/12/25(金) 10:47:57 ID:asRGPs89
991 名前:這い寄る混沌 ◆STEELmK8LQ [sage] 投稿日:2009/12/20(日) 00:16:03 株 ID:WVgSFUEq ?2BP(8000)
>988
 あの総選挙が終わったとき、小泉クンが非常に厳しい表情で、その結果を見守っていたのには様々な理由が推測されたのだけれど、それら推測を通して共通していたのは小泉純一郎という人間にとって、あの選挙結果はセカンドベストであったであろう、ということだったと思う。

 ではベストとはなんだったのか?ということを、今年の夏の総選挙が終わってからずっと考えていたわけなのだけれど、我が国が無政府状態に陥ってから4ヶ月経ち、様々な状況の変化を見るにつけ、そこに底流として存在している共通の意識のようなものが見えてきているのではないかと思うのだけれど。

 それは何か、と問われれば、それは「英雄願望」という一言に尽きると思う。

 そこにあるのは「誰かが、そのうちやってくれる」という依存でしかないわけで、それは先の大戦で結局自分たちで始めたバカげた自殺自傷行為を、上御一身に全て背負わせることで口をぬぐった
あれの繰り返しでしかない。

 あの総選挙に掲げられた数々の目標に共通していたのは、すべて「民で出来ることは民で」であったと思う。
 つまり、あの総選挙の我々国民にとってのベストは、もはや一人の英雄ではなく我々国民全てが自らという人格という最小の国家を治める事が出来るようになる結果が求められていたわけで。
 小泉クンが考えた、あるいは誰が考えた、ということではなく、単純に「我が国は、もはや『誰か』 への依存では立ちゆかない」という至極当然の結論に至るのですな。
 
そうなります。自分の事は自分で決めましょう。
他の誰かの責任ではなく、自分で決めたことは自分の責任になります。

 しかるに、結局、あの総選挙が終わった後も「xxさんなら」「xxなら」という英雄願望は発展解消するどころか、むしろ以前よりも強烈に我々国民の意識に刷り込まれてしまった。

 そこにマスゴミにつけこまれた結果が今夏の「自民党でなければ何でも良い」の結末であり我々国民自らが『自らを改革』することを放棄し、ひいては自ら主権を放擲した結果の無政府状態であるわけで
 つまり、そういう『英雄依存』を夢見ていられた我が国は終わった、状況は終わっているのに
我々国民は、まだ夢から覚めていない、だからこそ「終わった」というべきだろう、と思うのだな。

未だにマスゴミ、官僚、民主党、クルッポー様・・etcの責任・・
それらは全て国民の一部であり、選択の結果に過ぎないのですからw

29 日出づる処の名無し sage ▼ New!2009/12/25(金) 10:48:49 ID:asRGPs89
>>28続き
998 名前:這い寄る混沌 ◆STEELmK8LQ [sage] 投稿日:2009/12/20(日) 00:23:03 株 ID:WVgSFUEq ?2BP(8000)
 蛇足ながら付け加えれば、谷垣クンの「みんなでやろうせ」という言葉をきいて、あぁなるほど
少なくとも谷垣クンは『終わった』ことが判ってるんだな、と思ったよ。

 今我が国に必要なのは「英雄」ではなく、我々国民一人一人が

   (英雄に依存していられる)我が国は終わった

ということを心底理解し、

   我が国の主権者は国民である

ということを、自らの頭で導き出すべき時である、という結論が導かれるものと思う。

 小泉クンは、声を枯らして5年間それを訴え続け、その後に続く安倍、福田(この人はいまいちよく判らないけれど)、麻生の諸氏は政治生命をかけて挑んで、いずれも政治的、世界情勢的な理由で果たすことが出来なかった、という一つの教訓として理解すべきだと思う。

いずれも名宰相として名前を残すべき人達です。
それぞれの意思と責任で決断を下した政治家です。
批判は単純です。
しかし、批判に対しては提案や、代案があってしかるべきです。
批判するなとはいいませんが、結果が出ない以上は非生産的な作業に過ぎません。

 今目の前でふんぞり返っている、その地位にいるべきではないクズどもは、

   自分たち自身が、その地位につけたのだ

ということを、まず認識することから始まるのではないかとも思うけれど、こちらは願望だな。

(夢)○Oo。。φ(#__)o...zzZZ物語ですね。
国民の多くが現実を認識して、政治的責任を果たすなどというのは、非現実的でしょう。
おそらく、今回民主党に入れた人の一割もその意味を理解できないでしょうね。
何故なら、自分で自分を批判するのは苦痛だからです・・
それらを拒否してきた人達が変わるとは考えにくいです。

まあ、出来る人からお手本を見せて勝手にするしかないでしょうw
 
ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
SNS-FreeJapan

拡散推奨~外国人参政権付与反対の陳情 
こちらが誰でもできる地方自治体への陳情提出です。

間寛平アースマラソンについて

日本ユ偽フ様の実態です


科学技術創造立国として署名のお願い(継続)

1クリック支援お願いします・・管理人頑張れば出来る子なんですw
(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ

クリックщ(゚Д゚щ)カモォォォンクリック(・∀・)イイ!!

人気ブログランキングへ 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom