忍者ブログ
top

本サイトは直リン、転載許可サイトです。 自己研鑽&暇つぶしの為、メディアの問題点などを考察していきます。PCと携帯では雰囲気が違います。 素敵なテンプレートをお借りしております。

2017.09
2017.08  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >> 2017.10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チラ裏倉庫から引用です。
http://chiraurasouko.blogspot.com/
青色が私のコメントw(ちょこまか更新します)
ちなみにかってな妄想です。


お縄にまつわるエトセトラを チラシの裏に書きなぐるニダ
956 Trader@Live! sage ▼ New!2010/01/12(火) 21:06:45 ID:QM7hNtLU
『チョスンと言う名の半島がある
暗黒大陸の東方に突き出したその盲腸のような半島は大陸の住人からは『呪われた貢物少なし地』チョスンと呼ばれていた
忌むべき魔物が跳梁し、恐るべき“法則”が関わるもの全てに災を齎すが故に・・・
およそ十年前、このチョスンでその呪われた半島の名前を確かにする出来事があった後の世に言うIMF危機の始まりである
そして十年、チョスンは一時の平和を楽しんでいるように見えた』

ロードスか・・・アレは現実ではないから良いのだがw

と、まあ某(一部で)有名な小説のイントロを拝借してのチラシの裏の始まりニダ。
お縄主席がこんがりと丸焼きになりそうな情勢ニダね♪
駄菓子菓子、その錬金術の魔法の時間もそろそろ終了♪、となりそうだ、とウリの行きつけの喫茶店で良く本を読みながらコーヒーを楽しんでいる老紳士の呟きが聞こえてきたニダ。
ここでKRWに関わりのあるトンイルの動きについてのチラシの裏と逝く前にお縄にまつわるエトセトラをチラシの裏に書きなぐるニダ。
お縄主席と陶器の関係、そしてその裏側に潜むトンイルの蠢きと連発するニダ。
まずはお縄主席の持つ陶器人脈と言うか、関係についてニダが、故田中角栄元総理の時代の人脈故に北京閥との結び付きが強いのではないか、と疑われるニダが、当時の北京(トロピカールな陶器)は鄧小平の時代であり、そして改革開放によって経済が発展し始める前の時代だったニダ。
そして時代は流れて天安門事件後の改革開放経済の流れに乗った上海閥最全盛時にその人脈は完全に上海閥との繋がりに集中する事となったニダ。
特に上海閥は上海幇とも呼ばれ、政治的な結びつきはともかく経済的な既得権益の集合体であり、こうした拝金主義的なバックグラウンドがトンイルを招き寄せて、その万魔殿とすら思われるドロドロの癒着構造を構築したと考えられているニダ。
いつもの年齢不詳の中華美女から聞かせてもらったニダが、この働きかけには一部の湯の動きも関わりがあったとされて、
トンイルの製造元の乱グレーやらスポンサーである某湯(刺寸やらロス茶など)が絡んで、今のぐにゅぐにゅの地下利権金脈に繋がっていったらしい、というお話ニダ。

ああなるほど、現在の上海罰が過去の北京×なのねw
んで、現在は北京×と対立というか懇意なわけではないと・・


とはいえ、故田中角栄とは異なり、お縄主席は文字通りの純粋な銭ゲバ、政治的なセンスといえば日本の田舎政治家のレベルを超えるものではないニダ。
また、頼みの上海閥も共青団などにずたずたにされて、Riverタクの引退後、その政治的影響力も失われ始めて、嘗ての栄華も陰りが見えているニダよ。
こうした事実からお縄主席と上海閥、トンイルは嘗ての栄光よ再び、とばかりにハネ白コンペーを天皇陛下に謁見させ、「まだまだ終わらんぞ~!」と力を誇示しようとしたのが、今回のバカ騒ぎのキッカケの一つだったという胡散臭い話だったニダ。
も・ち・ろ・ん、こんな真偽の程の知れない「某消息筋によると・・・」な噂話は
“はいはい、ワロスワロス”で笑い飛ばすニダよ。

天皇陛下の訪中と同じことをしたかったのだろうね・・・
「恩を仇で返す」って知らないのかな?
使うにしてもカードの切り方が頭悪すぎw

957 Trader@Live! sage ▼ New!2010/01/12(火) 21:08:13 ID:QM7hNtLU
ウリは只の「トンイルをちゃー」なので湯の動向は詳しくはないニダが、刺寸の動きはトンイルの金の動きを見るのには欠かすことの出来ない情報の一つニダ。
刺寸がアヘン戦争などの裏のメインプレイヤーであり、アヘンを始めとした麻薬利権を持っていたのは恐らくこのスレの住人はご存知のとおり。
そしてトンイルと北朝鮮の麻薬利権構造がこの刺寸の築いたお薬ネットワーク♪
に乗っているものだとしたら・・・、この闇の構造の一端が御判り頂けるニカ?
これ以上は極めてヤヴァイので投下を控えるニダが、バーミヤンの回廊とカレー・オーシャンの今後の展望を交えて推測すると、中々興味深い事実が浮き上がってくると思われるニダ。
ちなみにカレーの国最大の財閥である多々は刺寸の利権をそのまま受け継いだ、というかガラを換えただけの財閥であり、今も刺寸の傀儡でしかないニダ。
とはいえ、こんなぁゃしぃ院某崙などは、「すげぇ・・・胡散臭いネタだ・・・」と忘れるのが良いニダ。

Σ(゚Д゚;エーッ!  そうなんだ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー
まあワロスワロスで・・・

インドの財閥
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E8%B2%A1%E9%96%A5


うふふ、久しぶりに冷ややかな体験をしてしまったニダ♪
とはいえ、コレもまだ書いてもおkな情報ニダ。
そしてまだまだ続きがあるのが今回のチラ裏ニダ。
刺寸は元々赤い盾ことロス茶の分家。
とはいえ血縁関係のあるこの二つの湯はロス茶が欧州を、刺寸が亜細亜を、とその勢力圏を切り分けることで穏やかな関係にあるニダ。
そのロス茶は鉢棺の裏金庫設立に莫大な金を出したのはご存知のとおり。
駄菓子菓子、やはり暗黒猊下は只の御人ではなかったニダ・・・
今までは絶対に誰も触れることの出来なかった裏金庫の扉を開けてしまわれたニダ♪
ちなみにこれには我らがローゼン閣下も関わっておられ、表には出せないニダが○○が××して△△△するというごにょごにょがあった、という遠くからの木霊が聞こえてきたニダ。

大体、雨も岩フェラーがふんぞり返っているニダが、それをも無視して蹴っ飛ばすのが熱いノムタンの魂を受け継ぐミスタープレジデント・小浜だったニダ。
あ~あ、やっちゃった・・・♪
かくして禁断の扉が開かれて、アルプスの美しい山脈の中に秘められていた暗黒がちらり、とその姿をお披露目したニダ。
世界にはかくも勇者が多いのぅ・・・、と某蘊蓄好き教授の感想ニダ。
大体、岩フェラーはロス茶の指導を受けるというか、微妙な話ニダ。
基本的に岩フェラーはアングロサクソンのJDが一代で成し遂げた財閥、対してロス茶は今は合体超人となった独にいた湯がその発端を生み出し、そして彼の息子五人が基盤を築いていった伝統的な典型的な湯の財閥ニダ。
つまり、両者の間には血縁関係や因縁が無い故に、双方の付き合いは純粋に金持ち同士の付き合い以上のものは無い、というお話ニダ。
良く言われているロス茶が世界支配を企んで云々、とか湯の世界政府がごにょごにょ、という話は基本的に眉唾ものと考えてもらっても間違いはないニダ。

勘違いしてる人多すぎ・・orz
世界政府作っても管理が面倒なだけなんだよ・・w

確かに湯の経済力は決して無視出来るようなものではないし、その影響力は国家戦略に影響を及ぼし得るほどのものであることは間違いないニダが、それとて国家が本気になれば国を相手に喧嘩を売れるほどのものではないニダ。
大体、欧州の王族は「その地域の山賊の中で最強を勝ち取った連中」というエロい連中ニダ。
幾ら金を出しているからと言っても、
「そっか、じゃあ金返せなくなると悪いからもっと融資してくれるよな?」と言われたら流石の湯も断れないニダ。
戦国時代を生き残って処理を勝ち取った連中の黒さは湯の黒さをも圧倒的に凌駕する、正に「真の黒さを見よ!」の世界ニダ。
これ以上はヤヴァ過ぎて踏み込めないニダが、
湯は大きなファクターの一つではあってもそれ以上の存在ではない、という事を指摘しておくニダ。

まあ、必要な時に暴力使うからなぁ・・まあそんだけだわw
湯ださん嫌われてるしってか、そういう風に情報操作されてるのだろうけど・・w

959 Trader@Live! sage ▼ New!2010/01/12(火) 21:09:59 ID:QM7hNtLU
ウリの手元にある情報と書き込んでもおkなレベルでの話をすれば、湯とは「巨大な銭ゲバ」「究極の財テク集団」と断言しても良いニダ。
確かに民族としての求心力をグループの維持に積極的に活用しているとはいえ、莫大な資金を集めて“民族の維持”を最優先する人々、という解釈も出来るニダ。
各国の政界や財界に食い込むのも、民族離散の過去を恐れているためであり、
それを回避するためにありとあらゆる手段を取っている、というひそひそ話を聞いたことがあるニダ。
その上で、彼ら自身の中にも複雑な対立と強調、利害関係が絡み合っているので話はややこしいニダ。
炉馬の暗黒猊下が選出されたことを考えても、湯の影響力が影の政府を設立して世界中の国家をフンダララ、というのはかなりぁゃしぃ話だと言うのが某教授のお話ニダ。

なるほどねぇ・・お金で民族維持か・・手段と目的が逆になってる(゚∀゚)神のヨカーン
民族を助ける為に、嫌われ仕事やってたはずなんだけどね?

とりわけ、サブプライムで投資が凍死した有様で世界中にて展開していたエロい 企みがごにょごにょ・・・、という現状では、
「そろそろ一度〆トクか、いいかげんウゼェしよ・・・」という声にならない言葉が何処からとも無く聞こえてくるのは当然の成り行きニダ。
戦国時代の勝者の末裔たちがこの美味しぃ状況を黙ってみてると思うニカ?
当然ながら我が国の皇統を為す御方々も様々な動きを見せておられるニダ。
余りにも畏れ多いことになってしまうので詳しくは書き込まないニダが・・・
ぅふふ、これ以上はひ・み・つ、ニダ♪

(((( ;゚д゚)))アワワワワ

そしてイルボンの翼の件に話は飛ニダ。
MRJが初の海外受注に成功したのは昨年のニュースにも出ていたニダが、イルボンの翼も本来なら購入を検討していたものの、
結局はサンバの国の機体を購入するとしていたニダ。
ところがこの度のあっぷあっぷで「再建するならMRJもよろしくね♪」、というお話を囁かれてしまったと言う胡散臭い話を聞いたニダ。
駄菓子菓子、ここで民巣のぶち上げた次期CEOのお話が絡んでくるニダ。
当然のことながら民巣は自分たちの息の掛かった人物をトップにすえて、美味しい利権を♪、
と考えているニダが、航空産業というのは文字通り恐ろしく複雑な利害関係が絡んでいる万魔殿。
◆◆◆はイルボンの自衛隊がらみの戦略企業であると同時に、雨や欧州の軍事産業に対しても様々な協力関係を結んでいるキープレイヤーでもあるニダ。
下手に、「自衛隊に絡んでいる◆◆◆をぶっ叩いて、航空利権構築がてら半島の航空会社とかにも鼻薬を・・・」などと考えているとトンでもないエロい目に合わされるニダ。
イルボンの翼が別のグループに移籍するとなれば、当然のことながらそれぞれのグループの間で慎重に、そして繊細な調整が必要になるニダ。
それを弄り損なうと世界各国の航空産業にエロい影響が出てしまう=航空軍事産業に洒落にならない影響が発生する、という極めてマズーな時代となってしまうニダ。

それにしても、前○国交相もセルフ友愛したいなら自分でサクッと実行すればよいものを、イルボンのみならず関係各国にまで被害を与えるようなやり方をするなど相当なチャレンジャーとしか思えないニダ。

前回同様失敗ばっかりさんですねw
チャレンジャー過ぎてはやく( ゚Д゚)イッテヨシ
ってゆうか・・調整能力がない人が多くないかね・・世界的にw
駄菓子菓子長いので分割w

拾ったチラ裏(2010/1/12)-2
http://a9bqmeygvg.blog.shinobi.jp/Entry/1278/
に続く


ヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノFree Japanヽ(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
SNS-FreeJapan

拡散推奨~外国人参政権付与反対の陳情 
こちらが誰でもできる地方自治体への陳情提出です。

間寛平アースマラソンについて

日本ユ偽フ様の実態です


1クリック支援お願いします・・管理人頑張れば出来る子なんですw
(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ(# ̄▽ ̄)<アッチはクリックできて・・コッチはしてくれないんだ

クリックщ(゚Д゚щ)カモォォォンクリック(・∀・)イイ!!

人気ブログランキングへ 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide 東電電力使用率
hide カウンター
hide カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
hide ブログ内検索
hide プロフィール
HN:
A9BQMEyGvg
性別:
男性
職業:
メディア研究者w
趣味:
情報収集、読書、昼寝
自己紹介:
近所の桜です。
hide 最新コメント
[02/24 ゆかりん]
[02/23 2012娘]
[02/23 三毛猫]
[02/23 みほ]
[02/22 畑中]
[02/22 三毛猫]
[02/20 みほ]
[02/20 三毛猫]
[02/20 ぴよこ]
[02/20 Generic Xanax]
hide 口蹄疫に関するツィッター
hide バーコード
hide 忍者さいとますたー
Copyright A9BQMEyGvgの暇つぶし考察 by A9BQMEyGvg All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom